三菱UFJデビットカードは、15歳以上(中学生は除く)なら誰でも審査なしで発行できます!
しかも、ポイントサイト経由なら、5000円前後もらえます!
さらに最短で翌日付与です^^即稼ぎたい人にも非常にオススメです。
実際に私もこの広告で稼ぎましたので、手順をご紹介しますね。

ポイントサイト経由で三菱UFJデビットカードに申し込むには、どこのサイトがお得?

すぐたま 6000円(12000ポイント)
ちょびリッチ 6000円(12000ポイント)
ECナビ 5700円(57000ポイント)
げん玉 5100円(51000ポイント)
ライフメディア 5000円(5000ポイント)
モッピー 5000円(5000ポイント)
ファンくる 4000円(40000ポイント)
ハピタス 3825円(3825ポイント)
i2iポイント 3750円(37500ポイント)
お財布.com 2500円(2500ポイント)

※2018年9月9日更新

6000円もらえる「すぐたま」と「ちょびリッチ」がダントツ!

今なら広告申し込みポイントに応じて無料で仮想通貨がもらえる、すぐたまが最もオススメです。
すぐたま「無料で仮想通貨大量ゲット」大型キャンペーン(9月30日まで)

さらにすぐたま新規登録で、最大3000マイル(1マイル=0.5円なので、1500円) もらえます^^
登録で600マイル(300円)、登録月の翌々月までに40000マイル以上獲得で、2400マイル(1200円)=合計3000マイル(1500円)です!

すぐたま登録はこちらから
すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

「デビットカード」だから、高校生・大学生もOK

クレジットカードは後払いのため、収入の審査がありますが、
デビットカードはリアルタイム引き落としのため、収入の審査がありません。

どういうことかと言いますと、例えばあなたがお店でショッピングし、カード払いをするとします。
クレジットカードは引き落とし口座にお金がなくても、購入時に支払いできますが、(後で引き落とし日までに口座にお金を入れればOK。引き落とし日は大体が翌月頃)デビットカードは引き落とし口座にお金がないと、購入時にエラーになって支払いができません。
カード会社にとって、後から支払ってくれるだろうかと心配する必要がないため、年収の審査がないのですね^^

信用情報関係なしの完全ノーリスク

ポイント目当てにクレジットカードを発行すると、信用情報とかの影響が心配・・・な人もいるかもしれません。
ですが、信用情報に登録されるのは、後払いのクレカなどのみです。
デビットカード発行情報は、信用情報に登録されませんので、完全にノーリスク。
5年かけてクレカ17枚をポイントサイト経由で発行した私からすれば、信用情報自体それほど気にすることはないと思いますが、慣れていない人もデビットカードなら気軽に申し込めるのではないでしょうか?^^

最短だと翌日にポイント付与!

私は5日かかりましたが、早い人だと翌日にポイントが付与されたそうです。

三菱UFJ銀行の口座が必要

唯一のハードルがコレです。
三菱UFJデビットカードを発行するには、三菱UFJ銀行の口座が必要です。
持ってないから申し込めないわ~と諦めることはありません。
ないなら、作ってしまえばいいのです。

まず、こちらのページから、三菱UFJ銀行の口座開設方法がわかります。
三菱UFJ銀行口座開設ページ

どれでもお好きな方法で開設できますよ♪

一つ注意点があります。
銀行口座開設時に「キャッシュカード」が発行されますが、
ついでに「デビットカード」も発行しませんか? とオススメされるかもしれません。
でもデビットカード作成は、ポイントサイトを経由して申し込まないとポイントが貰えませんのでね・・・^^;
「口座開設&キャッシュカードのみで!」と断りましょう。
「三菱UFJダイレクト」は無料なので申し込んでおきましょう。

三菱JFJ銀行に口座開設が完了しましたら、ダイレクトの初回登録をしておきましょう。
三菱UFJダイレクト初回登録

ダイレクト登録してない人は、口座開設後でも可能です。

登録が完了すれば、すぐにログインできます。

これで口座開設完了ですね。

ここまで完了すれば、あとはポイントサイト経由で「三菱UFJデビットカード」を発行するだけです!

さて、では早速・・・。と行きたいところですが、その前に「クッキーを削除」しましょう。
クッキー削除のやり方は、ハピタスが一番わかりやすいので貼っておきますね↓
クッキー削除方法(ハピタス)

スマホでのクッキー削除方法は、例えば「アンドロイド クッキー削除」「iPhone クッキー削除」などで検索すると、すぐ見つけられます。

クッキーを削除した後は、今開いている画面を全部閉じます。
(閉じないと、クッキー削除が進行形のまま申し込んじゃうことになるので)
画面を全部閉じてから、新たに開き直してポイントサイト経由で申し込んでください。

クッキー削除については、この記事で初めて書きましたが、基本的に毎回必要です。
今回は申込前にすでに三菱UFJ銀行へ何回もアクセスしていますので、クッキーを削除せずに申し込むと、クッキー情報が伝わらない可能性が特に高くなっちゃいます。
※広告主はクッキー情報などを頼りに、どのポイントサイトから申し込んでいるのかを判断し、ポイントを付与しています。

私も無料会員登録のようなポイントの低い広告だと、面倒なのでクッキー削除しないのですが、数百円以上のポイントの大きい広告は確実にポイントが付与されるよう、クッキーを削除しています^^

さて、後はもう5分とかかりません。
好きなポイントサイトから、デビットカードを発行すれば完了です^^

今回は、ライフメディアから申し込んだ場合を書いてみます。

デビットカードは、「JCB」と「VISA」があります。

申し込めるのは、どちらか片方のみです。
どちらでも、好きな方で構いません^^

どっちでも良い場合は、もらえるポイントが多い方から申し込むといいでしょう。
・・・って、今日はどっちも5000円ですね^^;

申し込む広告が決まったら、まずは、ポイント獲得条件を読みます。

長々と書かれていますが、内容は簡単ですので、ご安心下さい^^

「ポイントGET!」をクリックして申し込みます。

※一度「ポイントGET!」をクリックしましたら、口座開設申し込み完了までは、このブログもですが、他のサイトは一切見ないようにして下さい。

※ここからは、申し込みが完了するまで、他のサイトなどは閲覧しないようにして下さい。
ポイントサイトは申し込んだ事を確認するのに、クッキー情報で判断していますが、
申し込み途中で他のサイトなどを見たりすると、クッキー情報がおかしくなって、
そのポイントサイトから申し込んだと確認できなくなってしまい、
ポイントが貰えない可能性があります。
もし、申し込み途中で他のサイトを閲覧した場合は、
もう一度そのポイントサイト(この場合はライフメディア)の「ポイントを貯める」から、やり直して下さい。

ここからは、「JCBデビットのお申し込み」または「VISAデビットのお申し込み」より、誘導通りに入力していくだけで簡単に終わります。おそらく5分もかからないでしょう^^

解約も簡単

このデビットカードは、初年度の年会費は無料ですが、翌年度より1000円+消費税がかかります。
(いつから請求されるのかは、カードが貼り付けてあった用紙に書かれています。
2017年5月8日に入会した私は、2018年6月が初回年会費請求月となっていました。)
23歳までは年会費無料ですので、23歳になるまでは持っていてもお金はかかりません。

もちろんこのデビットカードが気に入ったのなら、ぜひそのまま使ってみてもいいですが、「うーん、使うことはなさそうだな~」と思いましたら、初回年会費請求月までに解約すれば1円もかかりません。

解約は、こちらの電話番号にかけると、簡単に出来ましたよ^^
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/debit/debit_desk.html

ライフメディアの登録はこちらから
ライフメディアへ無料登録
ライフメディア登録後、1pt(1円)以上獲得して頂くと、翌月に250円分のポイントが付与されます!
1pt獲得は、ライフメディアのアンケートや、ゲームなどですぐに獲得できます。